常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

企業情報

tokiwa資料館

設立趣意書:1949年(昭和24年)8月

設立趣意書

【設立趣意(抜粋)】
植物化学の成果の医薬的応用により、社会公衆の福祉増進に寄与することを念願として設立するものであって、従って本社の事業は単に営利のみを目的とせず、一半の力を植物化学の発達にも投ぜんとするものである。若し之に依って祖国再建の礎石の一半を荷うこと、なれば、本社設立の主旨は達成されたに近い。

医薬品製造業許可証(ルチン):1949年(昭和24年)9月21日

医薬品製造業許可証(ルチン)

1949年10月8日 株式会社常磐植物化学研究所誕生
住所:東京都渋谷区常磐松町80番地
氏名:株式会社常磐植物化学研究所
製造所所在地:千葉県印旛郡根郷村木野子158番地
製造所名称:株式会社常磐植物化学研究所千葉工場

創業者

  • 初代社長 松尾仁

    初代社長 松尾仁
    国立衛生試験所
    (現国立医薬品食品衛生研究所)
    第12代所長

  • 代表取締役工場長 立﨑浩

    代表取締役工場長 立﨑浩
    (のちの第2代社長)

    千葉工場を立﨑の自家用地に建設。

設立時の役員:
代表取締役 松尾仁、代表取締役工場長 立﨑浩、取締役 亀山孝一(第8代厚生次官)、取締役 松尾禮、監査役 立﨑敏(根郷村第16代村長)

社章「八紘一宇」

社章「八紘一宇」

社章「八紘一宇(はっこういちう)」の商標を譲り受ける
設立趣意書には「単に営利のみを目的とせず、一半の力を植物化学の発展に投ぜんとする」ことを掲げる。
「八紘一宇」とは天地四方八方の果てにいたるまで、この地球上に生存する全ての民族が、あたかも一軒の家に住むように仲良く暮らすこと、つまり世界平和の理想を掲げたもの。

ルチンの試験成績書:1953年(昭和28年)5月

ルチンの試験成績書

日本で初めて、医薬品原薬としてルチンの製造を開始する
ルチンはビタミンPの本体として1944年に米国において初めて醫薬用の用途を明らかにされたものであって、毛細血管の脆弱性を治療する効能があり、脳溢血、中風の予防薬として重視されている他、原因不明の出血に応用されて卓効があることが確認されていた。

設立当初の工場

設立当初の工場

木造の建物を3棟建て、そこに大きな抽出釜を設置し、スタートした。

第2代社長 立﨑浩 (1957年~)

第2代社長 立﨑浩

第二代社長 立﨑浩(1957年~)
写真は、会長在職時のもの
千葉工場を立﨑の自家用地に建設。ルチン製造用原料として30町歩のソバ栽培試験を実施。1951年からルチンの原料として塊花検討。翌年より塊花からの抽出を開始し、安定供給体制を整えた。

◀ソバとルチン 資料

第3代社長 立﨑隆 (1984年~)

第3代社長 立﨑隆

第三代社長 立﨑 隆(1984年~)
1973年、グリチルリチンに含まれる不純物を日本で初めて除くことに成功し、食品添加物に加えて国内最高純度の医薬品原薬として供給を開始。

医薬品製造品目追加許可申請書(グリチノンA):
1966年(昭和41年)3月9日

1970年、常磐植物化学研究所の基礎を築いたグリチノンA(グリチルリチン)が誕生。

新工場 建設開始:1989年~

新工場 建設開始

1989年から41000㎡を造成する大規模な新工場の建設を開始

第4工場竣工(多目的ライン工場):1997年(平成9年)6月
グリチルリチンの製造を中心に、種々の植物抽出に対応できる多目的ラインを設置。
ヨーロッパではすでに医薬品の主力商品となっていたイチョウ葉エキスやブルーベリーなどの主力製品の製造を開始。

◀工場全景:2000年(平成12年)

日本イチョウファーム 設立:1996年12月

日本イチョウファーム 設立

1996年12月 日本イチョウファーム設立
2ヘクタールの研究栽培農場において高品種のイチョウ葉を生産するための試験を開始。
福島県相馬郡新地町に広大な栽培農場を持つ日本イチョウファームにおいて無農薬のイチョウ葉を生産。

GMP工場 竣工:2006年

GMP工場 竣工

2006年 GMP対応の医薬品原薬工場竣工
創業当初からのルチンやグリチルリチン誘導体の製造に加え、漢方エキス製剤及び生薬エキスの受託を開始。また、大手製薬メーカーとの共同で植物由来の原薬開発に着手するなど、治験薬ニーズに応える体制を整備。