常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

企業情報

tokiwa資料館

当社のこれまでを資料を元にたどる
「tokiwa資料館」公開中です。

沿革

昭和24年 元厚生省国立衛生試験所所長松尾仁博士により設立、本社を東京都渋谷区常磐松(当時)、工場を千葉県佐倉市に置き、医薬品製造業許可を取得し原薬ルチン製造開始。
昭和32年 本社を佐倉に移し、立崎浩が社長に就任。
昭和45年 グリチルリチン製造開始。
昭和57年 健康食品の分野に進出。エイコサペンタエン酸の製造開始。
昭和58年 多目的抽出製造設備を増設し、各種植物抽出エキス製造開始。東京営業所を日本橋本町に開設。
昭和59年 立崎浩が会長に就任。立崎隆が社長に就任。
昭和60年 ギムネマエキス末の製造開始。
昭和62年 イチョウ葉エキス末の製造開始。
平成元年 新工場建設のため、4.1万m2造成開始。
平成4年 研究棟完成。第一期工事終了。ブルーベリーエキスの製造開始。
平成6年 工場設備増設。カテキン製造開始。
平成8年 試験農場を開設(福島県)
平成9年 新マルチ工場完成。大豆イソフラボン製造を本格化。
平成10年 メンタルハーブエキス各種製造開始。
平成11年 本社社屋竣工。創業50年を迎える。
平成12年 大阪営業所開設。
平成14年 ラフマエキス製造開始。
平成15年 カラム精製工場完成。
平成16年 東京支社を日本橋本町に開設。植物機能科学ラボラトリー設置。
平成17年 ラフマエキス配合商品「ベネトロン25」の発売を開始。
平成18年 医薬品原薬製造工場完成。センノサイドカルシウム製造開始。マカエキス末の製造開始。
平成20年 アシュワガンダ葉エキスの製造開始。分析用標準品・研究用試薬の製造および販売開始。
平成22年 立崎 隆が会長に就任。立崎 仁が社長に就任。
日本健康食品規格協会(JIHFS)による健康食品原材料GMP認証取得
(財)日本健康・栄養食品協会健康食品安全性自主点検認証(第三者認証)認証登録
平成23年 漢方エキス製造を開始。
ブランドロゴを一新しました。
平成24年 第10棟(医薬品設備の増設)竣工。
食品安全システム国際規格FSSC22000認証取得。