常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

ピーナツ種皮エキス末

line 製品規格

プロアントシアニジン(総フラバノール) 38.0%以上

起源植物

ピーナツ(種皮) Arachis hypogaea L.

性状

機能性 / ピーナツ種皮抽出物 / プロアントシアニジン類 / 茶色~茶褐色粉末   

茶色~茶褐色の粉末
収れん性がある
一般名 : ピーナツ種皮抽出物

□■ポリフェノールの衣をまとったナッツ■□
現在、豆類の中では大豆に次いで生産量は多く、南米では3000年の栽培の歴史があります。
皮ごと食べると体に良いと言われるように、通常果実や種を覆っている部分には、数多くの生理活性成分が含まれてることが他の植物の研究から明らかにされています。
ピーナツの場合もまた、種皮は多くの生理機能を持つことが明らかにされている。


▼ピーナツに関する当社の研究実績は【こちら】です。

※本製品は、JIHFS健康食品GMP認証施設工場で製造されています。

GMP

お問い合わせはこちら 043-498-0007