常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

サートマックス(SIRTMAX®)

line 有効成分

ポリメトキシフラボノイド

製品規格

ポリメトキシフラボノイド(活性成分5種類合計) 15%以上
・3,5,7-trimethoxyflavone
・3,5,7,4’-tetramethoxyflavone
・5,7-dimethoxyflavone
・3,5,7,3’,4’-pentamethoxyflavone
・5,7,4’-trimethoxyflavone

起源植物

黒ウコン(黒ショウガ)根茎
Kaempferia parviflora (ショウガ科バンウコン属)

性状

機能性 / 黒ウコン抽出物 / ポリメトキシフラボノイド/ 褐色の粉末           

褐色の粉末
特有のにおいがある

※本製品は、JIHFS健康食品GMP認証施設工場で製造されています。

GMP
kaempferia_parviflora.jpg
□■タイで1000年以上親しまれ続ける長寿素材■□
黒ウコンは東南アジアに分布し、ショウガ科バンウコン属に属する。
タイではクラチャイダムと呼ばれ、古来より日常的に摂取されている伝統食材として親しまれてきた歴史を持つ。

サートマックス(SIRTMAX®)の詳細は、こちらの特設サイト【sirtmax.com】からご覧いただけます。

bnr_sirtmax_s.jpg
キーワード : エイジングケア、Sirt1、抗糖化

▼黒ウコンに関する当社の研究実績は【こちら】です。

SIRTMAX_logo300.gif

原料の詳細を見る

リンク先は、原料として使用する植物に関する研究報告などの情報を紹介したページになります。
掲載している内容は、特定の製品の効果効能を表現したものではありません。
これをご理解された方のみご覧ください。  (同意して表示する)

上記内容に同意する

SIRTMAX®のエビデンス
------------
SIRTMAX®のエビデンス紹介(1)
▼長寿遺伝子(SIRT1)活性化作用

長寿遺伝子(SIRT1)は細胞老化をコントロールし、加齢関連疾患予防の司令塔として働く、老化予防の新しい標的として注目を集めている。

sirtmax_addfig1.gif
-----------
SIRTMAX®のエビデンス紹介(2)
▼抗糖化作用

糖化反応とは。。。
グルコースは蛋白質と反応し不可逆的な変性を起こし、分解されにくい糖化反応産物(AGEs)を形成する。

AGEsの蓄積は以下の原因となる
  • ・肌のくすみ
  • ・肌や骨の弾力の低下
  • ・動脈硬化
sirtmax_addfig2.gif

お問い合わせはこちら 043-498-0007