常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

採用情報

社長からのメッセージ

植物の力を引き出し、新たな価値を創造します。

代表取締役社長 立崎 仁

 常磐植物化学研究所は、日本最古の試験研究機関である国立衛生試験所(現・国立医薬品食品衛生研究所)の第12代所長 松尾仁が1949年に設立した日本初の植物化学企業です。

 創業以降、植物化学の草分けとして、伝統を継承する一方で、常に新製品開発を目指してきました。「伝統の継承」と「先進性の探求」、相反する2つの概念が共存できるのは、植物が時代と共に常に新しい価値をもたらしてきたからです。

 植物が好きな貴方、好きなことを熱く他人と議論できる君、他人と協調して一つのことを仕上げていくことが好きな人、植物のちからを私たちと共に、日本から全世界に発信していきましょう。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。