常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

採用情報

先輩社員紹介

常磐植物化学研究所の様々な部署で働く先輩たちに突撃インタビュー! R&BD本部 研究開発部 植物機能化学ラボラトリー所属 2018年 入社 生産本部 技術部 技術課所属 2014年 入社 生産本部 生産管理部 生産管理課所属 2018年 入社 生産本部 製造部所属 2009年 入社 管理本部 品質保証部 品質管理課所属 2011年 入社 生産本部 製造部所属 2012年 入社 営業本部 営業一部 貿易課所属 2015年 入社 営業本部 営業二部 営業2課 所属2003年 入社

異文化である海外のお客様と毎日やりとりがあるため、柔軟な考え方が求められます。営業本部 営業一部 貿易課所属 2015年 入社

写真(1):先輩社員

常磐植物化学研究所を希望した理由は?

 私は文系の学部を卒業しているので、理系の方が多いtokiwaに入社し、自分と違う考え方や価値観を持つ方と関われることに魅力を感じました。私が知らない知識をたくさん学んで吸収したいという気持ちでtokiwaを志望しました。

現在の仕事内容は?

 海外営業(東アジア・北米地域)を担当しています。主な仕事内容は海外の既存顧客のフォローアップ、販路の新規開拓、展示会への出展などです。その他にも、貿易関連書類の発行、課内の売上管理、商品のメールマガジン作成なども行います。異文化である海外のお客様と毎日やりとりがあるため、柔軟な考え方が求められます。固定観念にとらわれず、臨機応変な対応を心がけています。

仕事を通じて「やりがい」を感じたことは?

 海外営業として働くやりがいのひとつは、さまざまな国籍のお客様と関わりながら仕事をし、人との出会いを楽しめることです。お客様が異文化の出身ですので色々学ぶことが出来ますし、逆に日本の文化や習慣をシェアする機会もあるので信頼関係を築くきっかけにもなります。当然文化や習慣は異なりますし、言語も考え方も違うため、思うように意思の疎通ができない、自分の話を理解してもらえないと感じることもあります。
また、日本人同士であれば相手の気持ちを汲み取って理解する習慣がありますが、海外ではそういった習慣がないためストレートに表現する必要もあります。だからこそ、言語や文化などの垣根を越えて受注に漕ぎつけた時には達成感があります。

仕事での失敗談は?そこから学んだことは?

 海外のお客様からの注文に対し、社内調整が上手くいかず納期に遅れを出してしまい、クレームに繋がる失敗を経験しました。海外の場合は、船や飛行機で商品を納品するため細かい時間指定ができず、また通関にも時間を要するため、納品までの時間に余裕がないと希望納期に遅れてしまう場合があります。お客様の要望に対してその場を取り繕うように「大丈夫です」と曖昧な返事をしてしまうと後から事実と異なることが発覚した時にお客様に迷惑がかかるため、以後、社内にて事前確認を怠らないよう心がけています。
失敗から学べることはたくさんありますし、失敗をすることで次は成功するように普段のやりかたを改善していけばいいと思います。

職場の雰囲気は?

 みなさん話しやすく笑いが絶えない職場です。質問にも丁寧に答えてくださいます。ただ、集中する時は集中してオン/オフがきちんとしている方が多いです。

休日の過ごし方は?

 買い物をしたり、友人と食事に行ったりしています。休日はプライベートを満喫して月曜日からの仕事に切り替えられるようにしています。

この会社の良いところは?

 社員全員が本当に優しいです。お互いのことを考え尊重し行動しているので私はいつも助けられています。仕事をやりやすい雰囲気が常にあるのでとても働きやすい環境で過ごせています。

写真(2):先輩社員

就職活動中の皆さんへ贈る言葉

 就職は運や縁だと言われることが多いかと思いますが、すべてが縁というわけではありません。確かに受験に比べて運や縁で決まることは多いかもしれません。しかし努力なしにはそこまでたどり着かないと思います。企業説明会への参加、自己分析、SPIの勉強などやることがたくさんで本当に大変だとは思いますが、頑張れば自分に合う企業、自分の行きたい企業に内定がもらえると思います。私は周りの学生よりも決まるのが遅く、焦ることもありましたが、最後まで諦めずに就職活動をして良かったと思える企業に就職できました。ぜひみなさんも頑張ってください。そしてその中でtokiwaに入りたいという学生さんがいることを期待しています。

↑このページのトップへ

自分の提案した素材が、実際に商品化されたときのやりがいと達成感。営業本部 営業二部 営業2課所属 2003年 入社

写真(1):先輩社員

常磐植物化学研究所を希望した理由は?

 学生時代に野球部に所属していたのですが、その監督が当時の製造部長だった縁で、出場試合のテレビ中継を見ていた先輩社員の方から「ぜひ来ないか」と声をかけて頂きました。当時県内有数の強豪だった野球部に参加したいという思いの他、会社見学や説明会に実際に参加して、アットホームな雰囲気と、植物の力の持つ無限の可能性を引き出すことで社会貢献するという会社の理念に共感して、入社を決めました。

現在の仕事内容は?

 入社してから十数年間にわたり、本社工場で製造技術や工場生産に携わることで、植物成分の抽出・製造技術について学ぶことが出来ました。この知識を生かして、現在は営業本部に所属し、自社製品の営業のみならず受託開発の営業を行っています。

仕事を通じて「やりがい」を感じたことは?

 自分のご提案した当社の素材が、お客様にご納得いただけ、実際に商品化された時にやりがいと達成感を感じることができます。

仕事での失敗談は?そこから学んだことは?

 製造部門に所属していた頃、部下に指示を出す際に、製造方法についての説明が部下に伝わらず、製品化に時間がかかり、納期が遅れてお客様にご迷惑をおかけしてしまったことがあります。とことん話し合って、十分なコミュニケーションを取るとともに、部下に任せる際も、重要なポイントについては実際に自分で足を運んでよく確認することが大事だと考え、気をつけるようにしています。

職場の雰囲気は?

 上司は非常に面倒見が良く、頼りがいがあります。また部内は女性社員も多いので、明るく活気にあふれた職場です。

休日の過ごし方は?

 若い頃は自ら野球に没頭していましたが、現在は息子のサッカーのサポートに全力で取り組んでいます。

写真(2):先輩社員

この会社の良いところは?

 組織の垣根がなく、他の部署にも気軽に相談することができます。また自分自身で何かやりたいことを思いついたときには、「やってみなさい」とチャレンジさせてもらえます。

就職活動中の皆さんへ贈る言葉

 就職活動は大変かと思いますが、自分の目で会社を良く見ることが重要です。職場の環境や周りの雰囲気なども会社を訪問することで見えてくるのではないかと思います。最後に、植物の力は無限です。その力を引き出す当社で、一緒に無限の可能性を切り拓いてみませんか。

↑このページのトップへ