常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

トピックス


ホスファチジルイノシトール発売について

line

株式会社いまむら酵素技術研究所、株式会社常磐植物化学研究所、ユニテックフーズ株式会社の3社は、大豆由来リン脂質の「ホスファチジルイノシトール」(PI)を効率的に分離する方法についての特許を取得しました。

この特許を基に3社が協同して製品化を進め、このたびユニテックフーズ(株)が販売を担当し提供を開始いたします。

本品は高齢化社会のニーズに応える素材と位置づけ提案を行ってまいります。


topic_sub1.gif
 PIはリン脂質の一種であり、細胞膜を構成する成分です。またPIは、細胞内の情報伝達に関与していることが知られています。
 動物テストにおいては、PIを投与してところアルツハイマー型の認知症の原因物質であるアミロイドβタンパク質による神経変性が阻止されたとの効果が確認されています。これらのことからPIは脳機能の維持に有効であると期待されています。

 PIについては、他にも

  • ・ 脂質代謝改善によるメタボ抑制
  • ・ 血管新生抑制による加齢黄斑症対応、抗シワ
  • ・ 肝機能改善
      などの効果が期待されています。


topic_sub2.gif
 今回販売を開始する「ホスファチジルイノシトール」は、

  •   ホスファチジルイノシトール 50%以上含有
  •   水への優れた分散性
  •   pH安定性、加熱安定性に優れている
      などの特徴があります。

 このため飲料をはじめ焼菓子、サプリメントなど多くの製品に利用することが可能です。

以上