第56回植物化学シンポジウム・(株)常磐植物化学研究所創業70周年記念シンポジウム

(株)常磐植物化学研究所は、創業70周年記念事業の一環として、第56回植物化学シンポジウムを植物化学研究会と共催いたします。

更新情報・お知らせ

2019/11/19
多数のご参加を賜り、盛会のうちに終了することができました。誠にありがとうございました。
報道関係各位向けニュースリリース資料に関しましては、こちらのトピックスをご覧下さい。

ポスターセッションにて優秀賞である松尾仁賞を受賞された3演題をお知らせいたします。

発表番号P02 センダン科植物からのロカグラミド関連天然物の探索
       千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院 野﨑 はるか
発表番号P03 The activation mechanism of human SIRT1 by KPMF-8
       東京大学大学院農学生命科学研究科 張 迷敏
発表番号P05 沈丁花由来の抗HIV活性を有する大環状daphnane型ジテルペノイドに関する研究
       東邦大学薬学部生薬学教室 大月 興春

2019/06/13
参加方法、ポスター募集、問い合わせ先を追加しました。
2019/05/30
第56回植物化学シンポジウム・(株)常磐植物化学研究所 創業70周年記念シンポジウムの開催概要を公開しました。

開催概要

  •  日時   :2019年11月19日(火) 10:00〜18:40
  •  会場   :東京大学薬学部総合研究棟講堂、会議室(東京都文京区本郷7-3-1)
  •  主催   :植物化学研究会
  •  共催   :(株)常磐植物化学研究所 創業70周年記念事業
  •  後援・協賛:千葉大学ファイトケミカル植物分子科学プロジェクト、日本生薬学会、(株)常磐植物化学研究所 他
  •  実行委員長:齊藤 和季(千葉大学/理化学研究所)

プログラム

開会(10:00~10:10)
10:00〜10:05開会挨拶 千葉大学/理化学研究所 齊藤 和季
10:05〜10:10会長挨拶 東京大学 海老塚 豊
第1部 (株)常磐植物化学研究所 創業70周年記念シンポジウム(10:10~11:45)
10:10〜11:10特別講演 Strategies and Perspectives on New Drug Discovery from Chinese Herbal Medicine
Kuo-Hsiung Lee, Kenan Distinguished Professor,
Director of Natural Products Research Laboratories (NPRL),
School of Pharmacy, The University of North Carolina at Chapel Hill
ノースカロライナ大学薬学部(アメリカ)特別教授
中央研究院(台湾)院士
中国医薬大学中医学研究開発センター(台湾)教授・名誉センター長
高雄医学大学薬学院(台湾)名誉教授
[座長:山田 陽城]
11:10〜11:45共催者講演 KPMF-8: 抗老化化合物としての可能性
(株)常磐植物化学研究所 代表取締役社長 立﨑 仁
[座長:大和田 智彦]
11:45〜12:45休  憩
第2部 第56回 植物化学シンポジウム(12:45~16:40)
12:45〜13:00植物化学研究会総会
13:00〜13:40招待講演 質量分析を用いたメタボロミクスの多次元化:植物成分の解析を例に
理化学研究所 中林 亮
[座長:楊 金緯]
13:40〜14:20招待講演 アブラナ科植物からの紫外線防御成分とゲノム機能科学
奈良先端科学技術大学院大学 峠 隆之
[座長:山崎 真巳]
14:20〜15:00招待講演 漢方薬・漢方医学の科学的理解に向けたメタボロミクスの活用
(株)ツムラ 大渕 勝也
[座長:合田 幸広]
15:00〜15:20休  憩
15:20〜16:00招待講演 ストリゴラクトンの生合成と受容
京都大学 山口 信次郎
[座長:浅見 忠男]
16:00〜16:40招待講演 古くて新しい植物色素の化学
名古屋大学 吉田 久美
[座長:小関 良宏]
第3部 ポスターセッションおよび懇親会(16:40~18:40)
ポスター発表一覧P01Identification of an S-oxygenase involved in the biosynthesis of marasmin,
an antibacterial component of the traditional medical plant Tulbaghia violacea
千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院 王 吉晨
P02センダン科植物からのロカグラミド関連天然物の探索
千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院 野﨑 はるか
P03The activation mechanism of human SIRT1 by KPMF-8
東京大学大学院農学生命科学研究科 張 迷敏
P04植物における新たなオーキシン作用調節機構の発見
東京農工大学大学院農学府生物制御科学専攻 青井 勇輝
P05沈丁花由来の抗HIV活性を有する大環状daphnane型ジテルペノイドに関する研究
東邦大学薬学部生薬学教室 大月 興春
P06シロイヌナズナへのリジン脱炭酸酵素遺伝子導入による化学多様性の拡張
千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院、理研CSRS 清水 陽平
P07低毒性イオン液体を使用した漢方薬ゲルの直接的な作製
金沢大学大学院自然科学研究科 鴻渡 千亜季
P08シス調節配列のモチーフ解析と共発現解析の統合によるカンプトテシシン生合成候補遺伝子の探索
千葉大学薬学部遺伝子資源応用研究室 林 剛生
P09レンプクソウ科Sambucus sieboldianaに含まれる免疫賦活物質について
星薬科大学大学院生薬学研究室 沈 欣栄
P10ネギ属植物カルスにおける硫黄二次代謝能解析
千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院 木佐貫 あゆな
P11シアノバクテリア休眠細胞の発芽を植物ホルモンが制御するか
東京大学大学院農学生命科学研究科/日本学術振興会PD 木村 駿太
開会(10:00~10:10)
10:00〜10:05開会挨拶
千葉大学/理化学研究所 齊藤 和季
10:05〜10:10会長挨拶
東京大学 海老塚 豊
第1部 (株)常磐植物化学研究所 創業70周年記念シンポジウム(10:10~11:45)
10:10〜11:10特別講演
Strategies and Perspectives on New Drug Discovery from Chinese Herbal Medicine
Kuo-Hsiung Lee, Kenan Distinguished Professor,
Director of Natural Products Research Laboratories (NPRL),
School of Pharmacy, The University of North Carolina at Chapel Hill
ノースカロライナ大学薬学部(アメリカ)特別教授
中央研究院(台湾)院士
中国医薬大学中医学研究開発センター(台湾)教授・名誉センター長
高雄医学大学薬学院(台湾)名誉教授
[座長:山田 陽城]
11:10〜11:45共催者講演
KPMF-8: 抗老化化合物としての可能性
(株)常磐植物化学研究所 代表取締役社長
立﨑 仁
[座長:大和田 智彦]
11:45〜12:45休  憩
第2部 第56回 植物化学シンポジウム(12:45~18:40)
12:45〜13:00植物化学研究会総会
13:00〜13:40招待講演
質量分析を用いたメタボロミクスの多次元化:植物成分の解析を例に
理化学研究所 中林 亮
[座長:楊 金緯]
13:40〜14:20招待講演
アブラナ科植物からの紫外線防御成分とゲノム機能科学
奈良先端科学技術大学院大学 峠 隆之
[座長:山崎 真巳]
14:20〜15:00招待講演
漢方薬・漢方医学の科学的理解に向けたメタボロミクスの活用
(株)ツムラ 大渕 勝也
[座長:合田 幸広]
15:00〜15:20休  憩
15:20〜16:00招待講演
ストリゴラクトンの生合成と受容
京都大学 山口 信次郎
[座長:浅見 忠男]
16:00〜16:40招待講演
古くて新しい植物色素の化学
名古屋大学 吉田 久美
[座長:小関 良宏]
第3部 ポスターセッションおよび懇親会(16:40~18:40)
ポスター発表一覧P01Identification of an S-oxygenase involved in the biosynthesis of marasmin,
an antibacterial component of the traditional medical plant Tulbaghia violacea
千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院 王 吉晨
P02センダン科植物からのロカグラミド関連天然物の探索
千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院 野﨑 はるか
P03The activation mechanism of human SIRT1 by KPMF-8
東京大学大学院農学生命科学研究科 張 迷敏
P04植物における新たなオーキシン作用調節機構の発見
東京農工大学大学院農学府生物制御科学専攻 青井 勇輝
P05沈丁花由来の抗HIV活性を有する大環状daphnane型ジテルペノイドに関する研究
東邦大学薬学部生薬学教室 大月 興春
P06シロイヌナズナへのリジン脱炭酸酵素遺伝子導入による化学多様性の拡張
千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院、理研CSRS 清水 陽平
P07低毒性イオン液体を使用した漢方薬ゲルの直接的な作製
金沢大学大学院自然科学研究科 鴻渡 千亜季
P08シス調節配列のモチーフ解析と共発現解析の統合によるカンプトテシシン生合成候補遺伝子の探索
千葉大学薬学部遺伝子資源応用研究室 林 剛生
P09レンプクソウ科Sambucus sieboldianaに含まれる免疫賦活物質について
星薬科大学大学院生薬学研究室 沈 欣栄
P10ネギ属植物カルスにおける硫黄二次代謝能解析
千葉大学大学院医学薬学府薬学研究院 木佐貫 あゆな
P11シアノバクテリア休眠細胞の発芽を植物ホルモンが制御するか
東京大学大学院農学生命科学研究科/日本学術振興会PD 木村 駿太

参加方法

【本シンポジウムは終了いたしました】

参加のご案内

事前参加申し込みは不要です。
植物化学研究会の会員は、年会費2,500円を納入することにより参加いただけます。
非会員の方は、当日参加費3,000円にて参加可能ですが、シンポジウム会場で会員となって参加することも可能です(年会費2,500円)。
学生の方は参加無料です。

懇親会のご案内

ポスターセッションと同時に同じ会場で懇親会を行います。
懇親会費は3,000円です。
事前参加申し込みは不要です。
当日、シンポジウムの受付でお支払いください。
学生の方は参加無料です。

ポスター募集

【ポスター募集は締め切りました】

本年の「第56回植物化学シンポジウム」では、(株)常磐植物化学研究所 創業70周年記念事業の一環として、学生と若手研究者によるポスター発表を企画しました。優れた発表には、優秀賞(松尾仁賞)を贈呈いたします。
多数のご応募をお待ちしております。

ポスター発表申込み

発表をご希望の方は、9月6日(金)までに、下記の発表申込ページより、必要事項を入力の上お申し込みください。
実行委員会から改めて採否を連絡致します。
なお、ポスター発表の予定数に達した場合には、発表をお断りする場合がありますので、予めご承知ください。

  •   応募資格   :学部生、大学院生、研究生など学生と、学位取得3年以内(2016年11月19日以降の学位取得者)の若手研究者
  •   発表内容   :植物化学に関連する分野一般
  •   申込締切   :2019年9月6日(金)
  •   発表申込ページポスター発表申込み

問い合わせ

第56回植物化学シンポジウム・(株)常磐植物化学研究所 創業70周年記念シンポジウムに関するお問い合わせは、専用の問い合わせページより、実行委員会事務局までお送りください。