研究報告

2021年度

2021年度における研究発表をご紹介いたします。

定量NMRを用いた日本薬局方・定量用試薬の規格化を目的とした生薬等の定量指標成分アミグダリン及びアルブチンの絶対純度の測定

【2021】

〇内山奈穂子 1、細江潤子 1、石附京子 1、杉本直樹 1、丸山剛史 2、浅野龍二 2、三浦亨 3、岩本芳明 3、末松孝子 4、小松功典 4、日向野太郎 5、嶋田典基 6、合田幸広 1

1. 国立衛研
2. (株)ツムラ
3. 富士フイルム和光純薬
4. JEOL RESONANCE
5. 大正製薬
6. (株)常磐植物化学研究所

日本生薬学会第67回年会
2021年9月19日(日)~20日(月・祝)
※オンライン開催

Paclitaxel誘発末梢神経障害性疼痛に対する麻黄エキスとエフェドリンアルカロイド除去麻黄エキスの鎮痛作用

【2021】

黄雪丹 1,2、日向須美子 2、楊金緯 3、内山奈穂子 4、日向昌司 4、天草吉章 5、袴塚高志 4、合田幸広 4、小田口浩 2、花輪壽彦 2、小林義典 1,2

  1. 北里大・薬
  2. 北里大・東医研
  3. (株)常磐植物化学研究所
  4. 国立衛研
  5. 松山大・薬

第38回和漢医薬学会学術大会
2021年9月4日(土)~5日(日)
Web開催

All-Trans Retinoic Acid Exhibits Antiviral Effect against SARS-CoV-2 by Inhibiting 3CLpro Activity


【2021】

Takeshi Morita 1, Kei Miyakawa 1, Sundararaj Stanleyraj Jeremiah 1, Yutaro Yamaoka 1,2, Mitsuru Sada 3, Tomoko Kuniyoshi 4, Jinwei Yang 4, Hirokazu Kimura 5, Akihide Ryo 1

1 Department of Microbiology, Yokohama City University Graduate School of Medicine
2 Life Science Laboratory, Technology and Development Division, Kanto Chemical Co., Inc.
3 Advanced Medical Science Research Center, Gunma Paz University
4 R&D Department, TOKIWA Phytochemical Co., Ltd.
5 Department of Health Science, Gunma Paz University Graduate School

Viruses, 13(8), 1669 (2021)