労働安全・衛生への取り組み

従業員が安心して働けるよう、労災事故件数0を目標に、
安全な職場づくりに取り組んでいます。

人の健康と安全はすべてに優先し、労災事故ゼロ化活動に取り組んでいます。

一人ひとりの安全意識の向上、設備面・作業面のリスク低減にむけた活動を継続しています。

労働安全衛生に関わるマネジメント体制

毎月「安全衛生委員会」を開催し、「リスクアセスメント」による潜在的リスクの低減活動を中心に、全員参加の安全衛生活動を推進しています。

労働安全面のさらなる向上に取り組むとともに、メンタルヘルスに重点を置いて衛生・健康面の取り組みを強化しています。

5S活動、安全ルールの遵守、リスクアセスメントの徹底、教育・支援の強化、災害撲滅のPDCAサイクルの確実な実行に努めています。

労働安全・衛生への取り組み

■労働安全教育

 外部講師を招いての安全教育(AED使用方法、救命救急講習など)

■リスクアセスメント担当教育

■各工程におけるリスクアセスメント教育

■機械操作によるリスクアセスメント教育

■技能講習・特別教育の受講

■外部講習への参加

自主的な安全衛生管理の向上

■安全衛生基準の設定
■安全衛生委員会会議の実施
■全国安全週間、全国労働衛生週間、

 長期連休明け社内独自安全週間の設置
■安全衛生委員の構内巡視と従業員への安全遵守
■フォークリフト特定自主点検の実施
■保護具着用の徹底
■作業手順の周知と遵守

健康の保持促進と快適な職場環境の形成

■ストレスチェックの実施
■ノー残業デーの設置
■労働時間管理、長時間労働者の状況確認とヘルスケアサポートの推進
■産業医との健康相談窓口の開設
■5S活動の実施
■熱中症予防対策の実施および熱中症が疑われる場合の迅速な対応

資格取得促進法令遵守

■危険物取り扱いに関する資格取得の奨励
■フォークリフト技能講習