常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

受託製造 OEM

メタボローム解析受託

メタボローム解析受託とは

植物試料中に含まれる植物代謝産物を高精度質量分析装置で網羅的に分析し、装置から出力される全データをご提供致します。
成分量の比較により試料間の特徴を捉えたり、未知化合物の分子式や構造を推定するための情報をご提供する受託サービスです。
メタボロミクスは、なるべく多くの代謝産物と遺伝子発現を検出し、それらを関連付けることにより、従来の生物学では達成が難しかった現象の解明に使われています。
食品、医薬、農業、環境、生物など様々な分野の研究開発において、活用が期待されます。

ご活用例

  • 植物原料の違い(産地・生育環境etc.の違い)による成分分析・比較をする。
  • エキス製造条件(抽出方法、精製方法の違い)による成分分析・比較をする。
  • 活性に関連する化合物の予測をする。
  • 植物試料に含まれる未知化合物の組成式や構造の推定、予測をする。
  • 全成分を比較し、サンプル間差異の評価をする。

液体クロマトグラフィー連結高精度質量分析装置(LC-Orbitrap-MS)による分析

写真:液体クロマトグラフィー連結高精度質量分析装置(LC-Orbitrap-MS)

多くの二次代謝産物(芳香族配糖体、テルペノイド誘導体、脂質、アミノ酸誘導体など)を対象として分析します。

植物の場合では通常、5,000種類以上、微生物では1,000種類前後の代謝産物が検出されます。質量分析装置から出力される全化合物データをメタボローム解析に利用できる情報としてご提供いたします。

この情報には、質量電荷比m/z、推定組成式、MS/MS情報、データベース検索結果などが含まれており、お客様ご自身で高度な解析が可能です。

ガスクロマトグラフィー連結質量分析装置GC-MSによる分析

写真:ガスクロマトグラフィー連結質量分析装置GC-MS

多くの一次代謝産物(糖、アミノ酸、有機酸、脂肪酸など)を対象として分析します。難揮発性物質も誘導体化により揮発性物質に変化させ、網羅的に分析することが可能です。抽出段階で、高(中)極性化合物が含まれる分画(Polar層)と低極性化合物が含まれる分画(Lipid層)に分けて、それぞれの誘導体化処理を行います。

質量分析装置から出力される全化合物データはGC-MS代謝成分データベース検索及び解析を行い、メタボローム解析に利用できる情報として、エクセル形式データにて解析結果をご提供します。

解析選択チャート

お客様の目的に適した解析方法をご提案いたします。
お気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせはこちら 043-498-0007