常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

マカエキス末FT

line 有効成分

ベンジルグルコシノレート

製品規格

ベンジルグルコシノレート2.4%以上(HPLC法)

起源植物

マカ(根) Lepidium meyenii Walp

性状

機能性 / マカ抽出物 / ベンジルグルコシノレート(2.4%)/ 淡黄色~茶色の粉末

淡黄色~茶色の粉末。
特有のにおいがある。
一般名 : マカ抽出物

※本製品は、JIHFS健康食品GMP認証施設工場で製造されています。

GMP
□■元気な植物で 健康増進■□
マカはペルー原産で、南米ボリビア・チリのアンデス地方の高地(3000~4500m)で自生、あるいは栽培されています。
マカは大地の栄養を吸収しながら育つため、収穫後の土地は痩せてしまい、およそ10年間は農地として利用ができないと言われています。
そんな大地の栄養をたっぷり含んだマカは、インカ文明の頃より貴重な食料とされ、"特権階級の食べ物"として、また、戦いに行く戦士の活力源、疲れた戦士達のスタミナ補給としても使われていました。

お問い合わせはこちら 043-498-0007