研究報告

2020年度

2020年度における研究発表をご紹介いたします。

Quercetin 3,5,7,3’,4’-pentamethyl ether from Kaempferia parviflora directly and effectively activates human SIRT1


【2021】

Mimin Zhang1 , Peng Lu1 , Tohru Terada2,3, Miaomiao Sui1 , Haruka Furuta1,4, Kilico Iida1,5, Yukie Katayama1 , Yi Lu1 , Ken Okamoto1 , Michio Suzuki1 , Tomiko Asakura1, Kentaro Shimizu2,3, Fumihiko Hakuno1,4, Shin-Ichiro Takahashi1,4, Norimoto Shimada6, Jinwei Yang6 , Tsutomu Ishikawa6 , Jin Tatsuzaki6 , Koji Nagata1,3

1 Department of Applied Biological Chemistry, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
2 Department of Biotechnology, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
3 Agricultural Bioinformatics Research Unit, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
4 Department of Animal Resource Sciences, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
5 Division of Food and Nutrition, Graduate School of Human Sciences, Kyoritsu Women’s University
6 Tokiwa Phytochemical Co. Ltd

Communications Biology (2021)

URL: https://www.nature.com/articles/s42003-021-01705-1

エフェドリンアルカロイド除去麻黄エキス配合漢方薬の品質管理における指標成分の検討

【2021】

中森 俊輔1,2、竹内 純1,2、日向 須美子2、内山 奈穂子3、辻本 恭3,4、宮嶋 直紀1,2、楊 金緯5、大嶋 直浩3、天倉 吉章6、日向 昌司3、袴塚 高志3、合田 幸広3、小田口 浩2、花輪 壽彦2、小林 義典1,2

1. 北里大・薬
2. 北里大・東医研
3. 国立衛研
4. 東京農工大・工
5. (株)常磐植物化学研究所
6. 松山大・薬

日本薬学会第141年会(広島)
2021年3月26日(金)~29日(月)
※オンライン開催

EFE配合麻杏薏甘湯去麻黄エキスの鎮痛作用の解析

【2021】

竹内 純1,2、中森 俊輔1,2、日向 須美子2、宮嶋 直紀1,2、楊 金緯3、内山 奈穂子4、日向 昌司4、大嶋 直浩4、天倉 吉章5、袴塚 高志4、合田 幸広4、小田口 浩2、花輪 壽彦2、小林 義典1,2

1. 北里大・薬
2. 北里大・東医研
3. (株)常磐植物化学研究所
4. 国立衛研
5. 松山大・薬

日本薬学会第141年会(広島)
2021年3月26日(金)~29日(月)
※オンライン開催

Allylic Hydroxylation Activity Is a Source of Saponin Chemodiversity in the Genus Glycyrrhiza

【2021】

Much Z Fanani 1, Satoru Sawai 1,2,3,4 , Hikaru Seki 1,2 , Masato Ishimori 3 , Kiyoshi Ohyama 2,5 , Ery O Fukushima 1,6 , Hiroshi Sudo 4 , Kazuki Saito 2,3 , Toshiya Muranaka 1,2

1 大阪大学
2 理化学研究所
3 千葉大学
4 常磐植物化学研究所
5 東京工業大学
6 Universidad Regional Amazónica Ikiam

Plant and Cell Physiology (2021), pcaa173
URL:https://academic.oup.com/pcp/article/62/2/262/6094417

Determination of Absolute Purities of Hygroscopic Substances by Quantitative NMR Analysis for the Standardization of Quantitative Reagents in the Japanese Pharmacopoeia (Part 2)

【2021】

Nahoko Uchiyama 1 , Junko Hosoe 1 , Toru Miura 2 , Naoki Sugimoto 1 , Kyoko Ishizuki 1 , Yuko Yamada 2 , Yoshiaki Iwamoto 2 , Takako Suematsu 3 , Takanori Komatsu 3 , Takeshi Maruyama 4 , Yasushi Igarashi 4 , Taro Higano 5 , Norimoto Shimada 6 , and Yukihiro Goda 1

1国立衛研,2富士フイルム和光純薬,3 JEOL RESONANCE,4 ツムラ,5大正製薬,6常磐植物化学研究所

Chemical and Pharmaceutical Bulletin
69 巻 1 号 p. 26-31

健康長寿社会の実現へ向けた黒ウコン抽出物SIRTMAX®と黒ウコン由来成分PURESIRTMAX®の可能性

【2020】

小林夕希子1,國吉智子1,楊金緯1,立﨑仁1,張迷敏2,永田宏次2

1. 株式会社常磐植物化学研究所
2. 東京大学大学院農学生命科学研究科

第27回日本未病学会学術総会
ライブ配信:2020年10月31日~11月1日
オンデマンド配信:2020年10月31日~11月30日
*優秀演題候補に選出され、ライブ配信での発表を行いました。

麻黄に含まれるエフェドリンアルカロイドの睡眠及び運動機能に対する作用の解析

【2020】

○谷垣柊乃介1、黄雪丹1,2、尾野颯哉1、渡部浩平1、日向須美子2、竹元裕明2,7、山下忠俊3、楊金緯3、内山奈穂子4、日向昌司4、大嶋直浩5、天倉吉章6、袴塚高志4、合田幸広4、小田口浩2、花輪壽彦2、小林義典1,2

1. 北里大薬
2. 北里大東医研
3. (株)常磐植物化学研究所
4. 国立衛研
5. 東理大薬
6. 松山大薬
7. 東邦大薬

第37回和漢医薬学会学術大会
2020年8月29日(土)~30日(日)
※新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いWeb開催

COX-2の酵素活性に対する麻黄エキス、EFE、エフェドリンアルカロイドの阻害作用の解析

【2020】

○南可恵1, 2)、日向須美子2)、竹内純1, 2)、中森俊輔1, 2)、宮嶋直紀1,2)、楊金緯3)、内山奈穂子4)、日向昌司4)、大嶋直浩5)、天倉吉章6)、袴塚高志4)、合田幸広4)、小田口浩2)、花輪壽彦2)、小林義典1,2)

1. 北里大薬
2. 北里大東医研
3. (株)常磐植物化学研究所
4. 国立衛研
5. 東理大薬
6. 松山大薬

第37回和漢医薬学会学術大会
2020年8月29日(土)~30日(日)
※新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いWeb開催

EFEの単回及び2回投与による鎮痛作用の比較とEFEの活性成分の探索

【2020】

○中森俊輔1,2、宮嶋直紀1,2、日向須美子2、好村守生3、天倉吉章3、楊金緯4、内山奈穂子5、日向昌司5、大嶋直浩6、袴塚高志5、合田幸広5、小田口浩2、花輪壽彦2、小林義典1,2

1. 北里大薬
2. 北里大東医研
3. 松山大薬
4. (株)常磐植物化学研究所
5. 国立衛研
6. 東理大薬

第37回和漢医薬学会学術大会
2020年8月29日(土)~30日(日)
※新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いWeb開催

ラフマ葉抽出物「ベネトロン®

【2020】

第13 章 ラフマ葉抽出物「ベネトロン
著者:鈴木麻衣子* 、小林夕希子*
*常磐植物化学研究所

「抗疲労・抗ストレス・睡眠改善食品の開発」
発行日: 2020年4月28日

Effect of Ephedra Herb on Erlotinib Resistance in c-Met-Overexpressing Non-Small-Cell Lung Cancer Cell Line, H1993, through Promotion of Endocytosis and Degradation of c-Met

【2020】

Sumiko Hyuga 1, Masashi Hyuga2, Yoshiaki Amakura3, Jinwei Yang4, Eiko Mori1, Takashi Hakamatsuka2, Yukihiro Goda2, Hiroshi Odaguchi 1, and Toshihiko Hanawa1

1 Oriental Medicine Research Center of Kitasato University, 5-9-1 Shirokane, Minato-ku, Tokyo 108-8642, Japan
2 National Institute of Health Sciences, 3-25-26 Tonomachi, Kawasaki-ku, Kawasaki, Kanagawa 210-9501, Japan
3 Department of Pharmacognosy, College of Pharmaceutical Sciences, Matsuyama University, 4-2 Bunkyo-cho, Matsuyama,Ehime 790-8578, Japan
4 Tokiwa Phytochemical Co., Ltd., 158 Kinoko, Sakura, Chiba 285-0801, Japan

doi.org/10.1155/2020/7184129