常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

ケルセア20

line 有効成分

ケルセチン類

製品規格

自社規格

起源植物

タマネギ(根)

性状

化粧品 / タマネギ外皮抽出物 / 自社規格 / 茶褐色の粉末             

茶褐色の粉末
わずかに特有のにおいがある

表示名称 : タマネギ根エキス
INCI名称 : ALLIUM CEPA (ONION) BULB EXTRACT

~抽出物の主な成分~
ケルセチンは柑橘類、リンゴ、タマネギ、ブロッコリー、ソバなどに含まれ、 ビタミンC の吸収を助ける作用があります。
また、抗酸化、抗炎症、抗アレルギー、紫外線吸収作用なども報告されています。
食品・化粧品など様々な利用用途が期待できます。


▼ケルセアに関する研究報告は【こちら】です。

onion.jpg

原料の詳細を見る

リンク先は、原料として使用する植物に関する研究報告などの情報を紹介したページになります。
掲載している内容は、特定の製品の効果効能を表現したものではありません。
これをご理解された方のみご覧ください。  (同意して表示する)

上記内容に同意する

ケルセア20の特徴
quercea_fig1.gif
------------
quercea_graph1.gif ケルセア20の特徴(1)
▼抗酸化活性

ケルセア20はアスコルビン酸(ビタミン C)の約 3 倍の抗酸化力を示しました。

試験実施:日本薬科大学 薬理・薬物治療学分野


------------
ケルセア20の特徴(2)
▼紫外線防御活性

SPF値は紫外線(UVB)から肌を守る強さを表す指数であり、 紫外線防御率はSPF値2で約50%、5で約80%です。
ケルセア20は濃度0.01~0.06%においてSPF値4の紫外線防御活性を示しています。

性別 年齢 MEDu(min) MEDp(min) SPFi
男性 30 3.25 13.32 4.09
女性 28 3.70 20.33 5.50
男性 49 1.28 4.63 3.64
日本化粧工業連合会 SPF 測定法基準に準拠
MED値(最小紅斑量:Minimum Erythem a Dose):
  紫外線曝射10時間後に肌にかすかな紅斑(日焼け)を生じさせるのに必要な紫外線の最小照射量

SPFi値=試料塗布部のMED / 無塗布部のMED
  MEDu(min):無塗布部位のMED
  MEDp(min):塗布部位のMED
  SPFi:被験者個々人の標準試料のSPF


お問い合わせはこちら 043-498-0007