常磐植物化学研究所

常磐植物化学研究所

English

トピックス


天然物医薬品の開発におけるブレイクスルー  エフェドリンアルカロイド除去麻黄エキスの創薬開発を推進

line

天然物医薬品の開発におけるブレイクスルー
エフェドリンアルカロイド除去麻黄エキスの創薬開発を推進
-天然物医薬品の承認申請ガイドライン整備策定の契機に-

国立医薬品食品衛生研究所、北里大学東洋医学総合研究所および株式会社常磐植物化学研究所は、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED) *創薬基盤推進研究事業「医薬品等の品質・安全性確保のための評価法の戦略的開発」内のプロジェクトである『エフェドリンアルカロイド除去麻(マ)黄(オウ)エキス(EFE)共同開発』を2014年4月より推進しており、EFEの成分組成の評価、薬理作用の性能評価、量産化のための製造法を確立しています。

*日本薬学会第136年会(横浜)において一般シンポジウムが開催されます。

詳しくはこちらのNewsRelease(PDF)をご覧ください。